注文住宅 用語集た行


耐震壁
地震や風力など、構造物が水平力を受けた場合にそ の力に抵抗するための壁のこと。筋交いや構造用合板などを用いて強度を高めている。建物全体にバランスよく配置することで効果的に働く。

耐震構造
地震で生じる揺れに耐えられるように、柱、梁や壁 などの基本構造体を強化して設計された構造のこと。ただし、構造を強固にすればするほど強い地震 力を受けるため、人命を守ることを最優先にした耐 震構造では、予め部分的に壊れることを許容した造りになっている。

耐震診断
現在使用されている建物が、地震に対してどの程度 耐える力をもっているかを診断すること。各地方自治体などから配られる資料をもとに自分で行うものと、専門科が図面や実地調査をもとに診断するもの がある。耐震基準は何度も改正されているため、現行の耐震基準と同等の基準に照らし合わせて調査をする。

対面キッチン (同義:カウンターキッチン)
リビングやダイニングに対面する形で、流しや作業台が設置されているキッチンスタイル。部屋は区切られていないか、または壁に大きな窓を開けているので、キッチンで作業をしながら、家族とコミュニ ケーションを取れるのが特徴。
太陽光発電システム
太陽光のエネルギーを、屋根などに載せた太陽電池で電気エネルギーに変換し電力を供給するシステム。燃料を消費せず、また排出物による環境汚染がないため、クリーンエネルギーとして注目されている。余った電力は電力会社に売ることができるので、設備の導入費用を数年以内に回収できることが多い。

耐力壁
地震など水平方向の力に抵抗するための壁を耐震壁と呼ぶのに対し、水平方向だけでなく垂直方向にも有効に働く壁のことを耐力壁という。建物全体に対する耐力壁の割合は建築基準法によって定められていて、リフォームの際にも撤去できない。

ダウンライト
天井に埋め込まれた下方を照らす照明のこと。器具本体が表面に出ていないので、空間がすっきり見え前 洗練された雰囲気を演出できる。小型であることが 多く、玄関や廊下などの限られたスペースや、リビ ングの補助照明として使われることが多い。

ダクト
建物内で、空気調節や換気のために空気を送る管路. 風道のこと。 建具住宅の開口部に取り付けてある設備の総称。扉や襖、 障子、窓などを指す。

建前→上棟式参照

断熱材
建築物内外の熱を遮断するための素材のこと。大きく分けて、無機繊維系、発泡プラスチック系、天然素材系の3つに分けられ、いずれも内部に細かい空気やガスを含んでいる。内包される空気が細かく固定されているほど熱伝導率が高く、性能の高い断熱材といえる。


注文住宅
建築主と施工業者が請負契約を交わした後に、建築主の希望を生かした住宅を建築すること。予算からプランニング、設備や材料など、自分の好みやライ フスタイルに合ったものを採用できる利点がある一方、完成した住宅を見ずに契約することになるので、 施工業者との信頼関係が不可欠。

地下室
正式名称を「地階」といい、床が地盤面よりも下に あり、かつ天井高の3分の1以上が地盤面より下にある部屋のこと。建築基準法では、地下室の床面積 が地上階の延床面積の半分以下の場合、容積率を算定する際に地下室の床面積は含まないとしている。 また、ドライエリアなどの利用で開口部を確保できている場合以外は、地下室を居室とすることはでき ない。

チムニー
煙突のこと。暖炉の排煙のためだけでなく、洋風住宅の外観に飾りとして取り付ける場合もチムニーと呼ぶ。


ツーバイフォー(2×4)工法(同義:枠組壁式工法)
北米の一般的な木造住宅工法で、日本語では「枠組 壁式工法」という。パネル化された床や壁などを組 み合わせ、それらの面が駆体を支える構造になって いる。この工法を用いる際に2インチ×4インチの角材が多く使われることから2×4の名前がついた。

坪単価
建物の本体価格を、床面積を坪単位(1坪= 33 ㎡) に換算した数値で割ったもの。家を建てる際の費用の目安になる。ただし、床面積を算出する際、主に「延床面積」を用いる場合と「施工床面積」を用いる場合があり、それぞれで坪単価が変わってしまうので 注意が必要。


デッキ
本来の意味は船の甲板や電車などの乗降部分を示す言葉だが、住宅用語では、建物の外部に隣接してつくられた床のことを指す。アウトドアリビングの場として使用されたり、庭先に設置して洗濯物干し場 の足下としたりする。天然木材のものをウッドデッ キという。

デッドスペース
設計上できてしまう、利用するのが困難な空間のこ と。

出窓
壁面よりも外側に張り出した窓のこと。見た目のおしゃれさや、室内空間を広く見せる効果がある。出窓の底面の形は四角形であることが多いが、三角形 や弓形のボウウインドー、台形のベイウインドーなどがある。

テラス
リビングなどから直接出入りできるようにした、屋外につくられた広めのバルコニーのこと。タイル貼 りやウッドデッキなどで、地面よりも一段高くなっ ている。リビングの延長としてアウトドア空間を楽 しめ、生活の豊かさを演出する。

テラス窓
→掃き出し窓参照

テレビドアホン
門や玄関などにテレビモニターが付いていて、来訪者を室内のテレビ画面で確認できるインターホンのこと。相手の姿を見ながら応対が可能で、防犯対策にも有効。最近では、録画機能やボイスチェンジ機能が付いたものも開発されている。

天板
てんいたともいう。→カウンタートップ参照

天袋
和室などの押し入れの上部にある、高さ2-88の 収納スペースのこと。一般的には、普段あまり使わ ないものを収納する。また、天井面に取り付けられた吊り戸棚のことも天袋といい、地袋と対応する語。

天窓(同義:トップライト、スカイライト)
採光や通風のために、天井部分に設けられた開口部 のこと。日当たりが悪い、構造上大きな窓が取れな いなど、採光の問題を解決するために用いられたり、 部屋全体を明るく演出するなどデザインのために用いられたりする。


動線
都市計画や室内外の空間計画において、人やものの 動きを線で表したもの。住宅内での動線はある程度パターン化されることが多く、その動線に対し効果的にプランを組むことによって快適かつ効率的なライフスタイルを実現することができる。

通し柱
2階以上の木造建物で、土台から上階の軒まで途切 れることなく通っている柱のこと。戸建て住宅では 一般的に四隅に設けられ、通し柱同士を胴差(どうざし)という横材で固定している。

土台
建物の最も下に取り付けられ、基礎に建物全体の荷 重を伝えるための部材のこと。基礎と土台はアンカーボルトなどの金物で固定されるのが一般的。木造建築では、土台には防蟻.防腐処理が必要。

トップライト
→天窓参照

戸袋
雨戸を納めるスペースのこと。

土間
住宅の屋内で、地面をそのまま床にして土足で使うスペースのこと。一般的には、玄関の靴を脱ぐ部分 や中庭など。漆喰塗り、石やタイル貼り、砂利仕上 げなど、さまざまな仕様がある。

ドライエリア
地下室の外壁に沿って掘られた空堀のこと。地下室 への採光や通風、防湿の目的で設けられる。